特典おそるべし

シェアする

あけましておめでとうございます。新年最初のブログは私〈かたくり子〉が担当します。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

ゼミのみなさんは、卒論提出まであと6日となっていますが進捗はどうでしょうか。私はゼミのメンバーの中でも特に遅れているという自覚がありますので、もう必死です。一カ月ほど前から毎日のように「卒論が提出できるのか」「審査大丈夫かな」と考えています。夜中も度々目が覚めます。ですが今はもう書いて提出する以外の選択肢がないので、書けることをできる限り進めるようにしています。

 

さて、今回のゼミブログですが、前回同様シチュエーションCDに関係することについて書いていきたいと思います。理由は前回のブログから書きたりない気がしたからです。そして書いていて楽しかったからです!ですのでもう一度お付き合いください。

 

私がシチュエーションCDにハマり、数年が経過していることは前回のブログからすでにご存じだと思います。年間数十枚購入しているということもお話ししたのですが、私がこのようになったのは、CDについてくる特典のためによりたくさんの枚数を購入するようになったからです。

 

シチュエーションCDを制作している会社、レーベルはたくさんありますが、メーカーによっては購入者に配る特典として「おまけ」をつけてくれる場合があります。それを購入者特典といいます。特典にはさまざまなものがありますが、よく見かけるのは本編とは別に用意されたミニドラマCDや本編に関係する物語が文字で書かれているショートストーリー(別名SS)ペーパーや冊子、CDのジャケット(ジャケ画)などを使用した缶バッジやクリアファイル、ポスターなどのグッズです。

 

特典が付いてくるのはとても嬉しいのですが、時々少し困ることがあります。

なぜならこれらの特典は「購入した店舗、通販サイトによって特典が異なる」からです。限られたお金の中、どれを選ぶか毎度悩んでいます。

 

例えば、メーカーの公式通販サイト、青い看板が目印のアニメショップ、ピンク色の看板に星型の顔のキャラクターのショップ、その他メーカー以外の通販サイトなど、特典がそれぞれに用意されているのです。目当ての特典が決まっている場合は問題ないのですが、特典も全て揃えたいと思ったら、特典の数だけ違う場所で購入しなければなりません。通常、特典は23種類が多いのですが、多いときは56種類も用意されていることがあります。

 

さらに厄介なのは「連動購入特典」です。これは同じシリーズの作品のvol.1vol.2など決められた組み合わせのものを同じ店舗で購入した際につけられる特典です。これは先ほどの一つのCDごとの特典とは別に用意されていて、これを集めるかどうかも悩むポイントとなってきます。

 

作品、メーカーによってはvol.1から最終巻まですべてを購入するという厳しい条件が付けられていることもあります。このような特典が出てしまったら最後、どうしても全てを購入したくなってしまいます。購入したことを示すスタンプラリーシートも絶対になくすことができません。ちなみに私の中で最も多かった連動購入特典の合計は12枚くらいでした。月に一度のペースで発売されていたので、最終巻が発売される1年以上前からお店に全巻予約しに行きました。

 

そして特典で最も辛いのが、商品の特典はなくなり次第配布を終了するものがあることです。シチュエーションCDはオリジナルシナリオのものが多く、聞かないとその作品が好きか分からないことが多いです。また、早いものだと発売直後に特典が終了してしまいます。

このため購入を一旦見送ることができず、わからないけどとりあえず買ってみよう…となってしまうのです。

 

配布が終了し人気作品となったシチュエーションCDの特典は、本編のCDよりも価値が上がり、中古ショップやフリマアプリなどで15分程のCDやショートストーリーの冊子に数千円の値段が付くこともあります。こうなってしまうと「あの時買っておけばよかった!」と後悔するのです。

ですが時々、特典も再製造してくれる店ところもあります。本当にありがたいです。

 

現在、好きな作品は可能な限り特典を集めるために購入しますが、大体の場合は特典をよく吟味して一番欲しいものだけ購入しています。私が特に好きな特典はミニドラマのCDです。

 

シチュエーションCDの特典について、少しは分かっていただけましたでしょうか。こうやって書いていると私がいかに企業側の策略にハマっているのかわかりますね。少し恥ずかしいです。

シチュエーションCDについて思っていることはたくさんありますが、元からある自分の主観に振り回されすぎないように卒論も書いていきたいと思います。

以上〈かたくり子〉でした。