においの話

シェアする

こんにちは、<おゆ>です。

最近暑い日や雨の日が多くなってきて、春の終わりも近いのかな、と少し名残惜しい気持ちで過ごしています。

皆さんはどんな時に季節の変化を感じますか?

気温や天候は季節の変わり目としてわかりやすいものだと思いますが、わたしが季節の変化を強く感じるのは、「におい」です。冬が終わるにおい、夏が始まるにおいなど、においの変化で季節の変わり目を実感することが多いような気がします。

今回は「におい」についてお話ししたいと思います。

嗅覚って五感の中でも特別だと思うんです。まぶたを閉じても目は光を感じ取っているし、耳をふさいでも体内の音が聞こえたりする。同じように味覚も触覚も、何もしていなくても常に何かを感じ取っているけれど、嗅覚だけは鼻呼吸を止めれば能動的に情報をシャットアウトすることができる!わたしは鼻炎持ちなので意図せず鼻が利かなくなってしまうこともあるのですが、嫌な臭いは鼻で息をしなければ嗅がずにすむ、というのはすごいことだと思うんです。

また、嗅覚は記憶との結びつきが強い感覚であるとも言われています。ある特定のにおいをかいだ時に過去の記憶がワッと思い浮かぶこと、皆さんもあると思います。私は「誰かのにおい」に似たにおいをほかの人から感じ取ってその誰かがふっと浮かぶことが多いです。友人から母に似たにおいを感じ取ってその人に会うたびに頭に母が浮かんだり、駅の雑踏の中ですれ違った人のにおいで「誰だか思い出せないけど苦手な人のにおいだ」と感じたり。

思い返すと今まで好きだった人って全員いいにおいだったような気がします。「なんか今いいにおいがした!」と思って振り返ったらその人がいたり、ということが多々ありました。
もしかして:においフェチ
ただ、いいにおいだから好きなのか、好きだからいいにおいに感じるのかはわかりません。遠い遺伝子を持った人をいいにおいと感じるから、においが好きな相手は遺伝子レベルで相性がいい、といった研究データがあるという話も聞いたことがあります。ということはどちらが先というわけでもないのでしょうか…?
恋愛についてあれこれ言えるほど経験豊富ではありませんが、ある程度「野生の勘」みたいなものを当てにしてみるのもありなのかもしれませんね。

冒頭の画像は、最近わたしが「におい基準」で購入したアイテムたちです。においを言葉で説明するのは難しいですが、おいしそうで親しみやすさのあるにおいがお気に入りです。いいにおいに囲まれているととてもいい気持ちになるので、においを頼りに生活をデザインして、毎日を少しずつ幸せにしていきたいと思います!

<おゆ>