「モテる」とは?

シェアする

こんにちは。〈こめ〉です。寒くなって来ましたね。私はかなり寒がりのようで、長袖1枚で過ごせそうな気候でも、ヒートテックを含め長袖4枚着ます。「雪国出身なんだから寒さに強いでしょ!」とツッコミを頂くことが多いのですが、まったくそんなことないですよ。寒いもんは寒いですって・・・。

今回は、私が最近ずっと考えている「モテる女」についてお話ししたいと思います。私と私の極僅かな友人たちで話し合った結果を書きますが、考えが偏っている可能性があるので参考にはしないでくださいね。

まずなぜ私がそんなことを考えているのかご説明します。ずばり、モテないから!!です。そもそも出会いがないと言ってしまえばそれまでなのですが、出会ったとしても何かしらに発展することはほぼゼロです。私だって「モテる」という経験を一生に一度くらいしてみたい。少女漫画の主人公のようになってみたい。

・・・今のところまったくモテる気配がないので、日光にある縁結びの神社で神様に縋ってきました。すごく必死な感じ、伝わりますでしょうか。

さてここで、友人たちとの話し合いの結論を発表しますね。私のアルバイト先であるスポーツクラブの受付ガールズ(21歳未婚、22歳未婚〈こめ〉、26歳既婚、32歳既婚)で話し合った結果、「モテる女には隙がある」という結論になりました。なるほどなるほど。隙ね。

・・・隙とはなんでしょう?

日々の行動から考えた結果、私を含めた未婚かつ彼氏がいない2人(以下、学生たち)には隙がなく、既婚の2人(以下、お姉様方)には隙があるということが判明しました。
お姉様方は、仕事をテキパキとこなします。ミスもかなり少なく、尊敬できる存在です。しかし、え!?そこで!?となるようなところで小さな小さなミスをします。例えば、ゴミを捨てに行ったのにゴミを持っていくのを忘れたとか、紙をホチキス止めするときにページが1枚足りなかったとか・・・。
このように、普段バリバリ仕事をしている姿とのギャップを見たときに、素直に「ああ、可愛いな」と思いました。これが隙か、と。こういう姿を見て男性は「俺が守ってあげなきゃ」と思うのかな、と。
さらに、お姉様方はいつも笑顔を欠かしません。ニコニコしている女性は近づきやすいし、話しかけやすいですよね。

一方の学生たちはと言いますと、無言で黙々と仕事をして、ミスのないように何度も確認して、笑顔を振りまく素ぶりも見せず、パソコンに集中しています。隙どころの話ではないですね。とは言っても、お客様とお話する時は(たぶん)笑っていますし、従業員同士で談笑していることもあります。勤務中笑顔が全くないわけではありませんし、ミスもします。
「もしかして、近しい人から見たら隙あるんじゃない!?」そんな淡い期待を抱きながら、男性コーチに聞いてみました。「私たちって、隙あるように見えますか?」
「見えない!」即答でした。
自分でなんでも出来そうに見えるらしいです。守ってあげなきゃ、と思わないんだそう。いや、そう言わずに守ってよ・・・。意外と弱いよ私・・・。

この結果を踏まえて、学生たちは悟りました。「私たちはモテることに向いていない!」
悲しいですね。まあ現実ってそんなもん。だから決めたんです。一緒に今を楽しもう!女2人でも十分楽しいじゃん!リア充だよ!

最後に、縁結びの神社で引いたおみくじの写真でお別れしましょう。

大吉でした。何かいいことあるかな。O型ふたご座の方、随時募集中です。
それではまたお会いしましょう!〈こめ〉でした。