君はリアル脱出ゲームを知っているか。

シェアする

夜更かしすると寝る前おなかすくよね。こんにちは、<おゆ>です。

今回は、わたしの数少ない能動的な趣味である謎解きゲーム、「リアル脱出ゲーム」をご紹介したいと思います。

「リアル脱出ゲーム」とは

インターネットなどに無数にある脱出ゲームを、実際に現実世界で行うという、体験型エンターテイメントです。

牢屋、お城、不思議な部屋やモンスターのいる部屋など、参加者は様々な環境に閉じ込められ、そこから脱出するために謎を解いていきます。

現在、世界中に様々な体験型の脱出ゲームが存在していますが、「リアル脱出ゲーム」はSCRAPという京都の会社の登録商標です。日本で体験型の謎解きゲームが流行したのは、おそらくこの会社の功績でしょう。

さまざまなタイプのゲーム

時間制限の有無、人数制限の有無、屋内・外など、リアル脱出ゲームにはさまざまなタイプのゲームがあります。

さまざまな規模

・ルームサイズ複数人で一組になり、ある時は囚人として、ある時はスパイとして、またある時は王子様として部屋の中に実際に閉じ込められ、部屋中をひっくり返しながら謎やアイテムを探し出し脱出を目指す。

・ホールサイズ大きなスクリーンのある広めの会場で少人数のチームを組み、一斉にスタートする。謎を解くことで物語を先に進めることができ、その中で目的のために謎を解いていく。

・フィールドサイズ遊園地や街、大規模なものでは島など、広い範囲を歩き回りながら謎を解いていくもの。随時参加できるものや、一斉に大人数でスタートし、時間に制限のあるものもある。

Projection Table Game(PTG)…1つのテーブルを複数人のチームで囲み、テーブルに投影されたプロジェクションマッピングを用いて謎を解くゲーム。リアル脱出ゲームの中では比較的新しいタイプであり、2016年に第一作がスタートした。

ナゾトキ街歩きゲーム小冊子やバインダーなどがセットになった謎解きキットを購入し、街の中を歩き回ったり地下鉄を乗り継いだりしながら謎を解き進める。人数や時間に制限がないため、SCRAPの謎解き初心者でも参加しやすい(わたしの体感)

リアル脱出ゲームセンター…1プレイ10500円で、クリアするまで答え合わせがなく、何度でも挑戦することができる。クリアするまで何度でも挑戦したくなるのでさっさとクリアしないとお金がかかってしまう。ようできたシステムだな。

わたしの思うリアル脱出ゲームの魅力

わたしが初めてリアル脱出ゲームに参加したのは2015年で、現在までに様々なタイプのゲームに参加してきました。なかでもわたしが好きなのは、ルームサイズの脱出ゲームです。

最大10人で協力して行うものが多いのですが、同じ回のチケットを買った初対面の人たちと一緒に謎を解くことになります。脱出するには役割を分担し、得た情報を全員で共有する必要があります。初対面の人と難易度の高い謎解きをするのはとても困難なことに感じられますが、リアル脱出ゲーム経験者の多くは初めての人に優しくアドバイスをくれますし、謎解きの内容自体も全員が協力する必要があるので、置いてけぼりにされることはありません。

ネタバレになってしまうので詳しくは言えないのですが、過去に参加したとあるルームサイズの公演では、謎解きの過程で参加したチーム全員で組体操をする場面や、一緒に歌を歌う場面がありました。

初対面の人と手を取り合って組体操をする機会なんて普段の生活ではなかなかないと思うので、とても不思議で愉快な経験になりました。年齢も職業も出身も知らない人と物語を共有してその中に入り込める、というのがリアル脱出ゲームの魅力の一つです。

「物語に入り込める」というのも、リアル脱出ゲームに参加するうえでの大きな喜びになっています。参加者には何かしらの役割が与えられます。時には勇者になって生き返りを目指したり、囚人になって脱獄を目指したり、沈みゆく豪華客船から脱出したり。物語の内容が謎を解くうえでとても重要になってくるので、常に物語のことを頭に置いたうえでプレイをすることになります。大きな謎が解けたときや、解けなかった時でも答え合わせで真実を知ったときは毎回鳥肌が立ちます。恐怖や感動など色んな感情がわき出して、泣きそうになることもあります。

特に、たくさんの参加者が感動を共有する大きな会場での謎解きは、感情が大きく動かされます。

どうですか?行ってみたくなりませんか?なりましたよね?

一度でいいのでぜひみなさん参加してみてください。きっと一度では済まなくなると思います。そうしたらいつか偶然わたしともチームを組むことがあるかもしれません。その時は一緒に頑張って脱出しましょう。

最後にリアル脱出ゲームの公式ページURLを張っておきますのでぜひのぞいてみてください。以上、<おゆ>でした。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

リアル脱出ゲーム https://realdgame.jp/

SCRAP https://www.scrapmagazine.com/