ラスト〈まる〉

シェアする

こんにちは。〈まる〉です。最近特にあかぎれが酷くてうんざりしていたのですが、調べてみたところ本当は「手湿疹」というものであることが分かりました。なんてこった。

卒論の提出、口頭試問まで終え、落ち込んでいる人もいらっしゃるようですが、私はあまり落ち込んでいません。もちろん反省すべき点は多々あります。しかしどんなに落ち込んでも卒論と口頭試問は終わっていて、戻ることはできません。ならば落ち込んで立ち止まるよりも、反省点を活かして前へ進んだ方がいい、と私は思うのです。ポジティブな〈まる〉です。
今はゼミの活動や卒論などを終え、卒業者の発表まで自由で、でも卒業できるかドキドキな期間。今回は私がどう毎日を過ごしているのかについて、お話ししたいと思います。

ズバリ、「勉強」です。
あ、そんなに大層な勉強ではありませんよ。ガリガリともしていません。大きく分けて二つ、勉強していることがあります。

・就職先の勉強
私は春から就職する会社にて、既に入社前アルバイトとして仕事をしています。小売業ですが、今まで触れなかった分野で知識が全くないので、商品知識を中心にお店のシステムなどいろいろ勉強をしています。まだまだ知らないことが多いですが、入社までになるべく覚えられるように頑張っています。

・カメラの勉強
実は私、ずいぶん前からカメラに興味がありまして、社会人になったらお金を貯めて自分のカメラを買おうと思っていました。でも、父の使っていないカメラがずっと自宅の居間に置いてあり、もはやインテリアと化していたので、「自分のカメラを買うまでこのカメラを勉強のために貸してくれないか」と頼みました。すると父は「そんなに興味があったのか。じゃあこっちはあげるよ」と、2台あったカメラのうち1台を譲ってくれたのです。とても嬉しかったです。まだそんなに写真を撮ることはできていませんが、もっとたくさん撮りたくてウズウズしています。

私は、卒論の執筆終盤はアルバイトに行くか、卒論を書くだけの生活をしていたので、卒論が終わった時、やりきった感でボケーっとしていました。それを先生に「定年退職したおじさんみたい」と言われてしまい、しばらくはおじさんを続けていました。しかし、就職先の勉強に本腰を入れられること、そして新たにカメラの勉強も始めて、生き甲斐(大げさ)を見つけました。おじさん卒業です。(オタクなので他にも生き甲斐はあります)
最近はついに「学生」が終わってしまうなと少しセンチメンタルです。しかし社会人となっても学ぶことはまだまだある、むしろこれからの方が本格的な学ぶ場なのではないかと思います。だったら生きている間にどれくらいのことを勉強できるのか、やってやろうじゃないかと、ここでもポジティブな〈まる〉です。

さて、タイトルからもうお分かりかと思いますが、私がブログを担当するのはこれで最後となります。この一年弱、次のブログは何について書こうかなと話題を探しながら日々過ごしてきたので、少々寂しい気持ちがあります。今までお付き合いくださり、ありがとうございました!
最後に、父がくれたカメラで撮った一枚を。

春が来ますね。
それではまた、どこかで。

〈まる〉