バーへ行った話

シェアする

こんにちは。2回目の登場、<さんみ>です。ここ最近、天気の変化が激しいですね。空がどんよりしていると、なんだか気分もどんよりしがちです。お気に入りの服を着たり、ネイルをしたりして、何とか気分を上げていきたいものです。

さて、今回は「バー」についてのお話です。みなさんはバーに行ったことはありますか?私は先日初めて行きました。厳密にいうと初めてではないのですが、いわゆる「マスターや他のお客さんとの距離が近くて、みんなで会話できる」タイプのバーは初めてでした。

なんだかバーって大人の世界な気がする……。私なんぞが行っていいところなのか……?そんな風に考えていた私ですが、先日知り合いの先輩に連れられてバーに足を踏み入れました。

大人な空間と思い込んでいた場所には、イメージとは違って明るい人や話の上手い人が座っていました。お酒の席だというのも関係していたのでしょうか。初対面だとか関係なく、色んな人と色んな話をすることができました。とても居心地が良くて、結局終電直前まで居座ってしまったぐらいです。笑

そういえば、よくバーへ足を運ぶ人に「バーは大人の空間なんかじゃなく、大人になれない子どもが集まっているだけなんだよ」と言われたことを思い出しました。行ってみてなんとなく、その意味を理解しました。笑

バーにいた方は、みなさん昼間は普通の会社員でも、実は恋愛のいざこざに悩んでいる人、面白い趣味を持っている人、変わった仕事をしていた人など、割と波乱万丈な人生を送っているような方々でした。

みなさんの話を聞いていると、なんだかその話だけで短い小説が書けそうなぐらい濃い話だなあと思ってしまいます。そんな人たちの話を聞いているうちに「私は他の人から”面白い”と思ってもらえるような人生を送っているのかな?」と思いました。

大学の授業でも、友達の発表などを聞いていると「すごい!そんなことやったことない」というような経験をしている人がたくさんいます。海外に行って勉強したり、何かで賞を取ったり。私はつまらない人生を送っていやしないか、少しだけ不安になったりもしました。でも不安になったところで、たいして行動に移さないのが私です。まあ、いつか機会があればなあと思います。笑

でもそんな私も学生でいられるのは残り1年弱。もう少し変わった体験でもしてみたいなと思います。バーに来ていた方たちのように、私も今後の人生、小説1冊分くらいには濃く生きていけたらいいなと思いました。

<さんみ>